読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆらのふなびと

競プロ, Python, C++

即興小説を書いてみた。

雑記

「カクレクマノミ」 - 即興小説トレーニング

即興小説というものをやってみました。ランダムに提示されるお題を使って、制限時間内に文章を書くというものです。最近創作意欲(特に文章)が高まっていたのでそのはけ口として。今回は制限時間15分。

お題は「男の熱帯魚」。まずこの段階で1分固まる。男の熱帯魚ってなんだよ、下ネタみたいだな、と思ったが男性の体には熱帯魚にあたる部分は見つからなかった。熱帯魚と言えばカクレクマノミくらいしか名前が浮かばなかったので、とりあえずwikiカクレクマノミについて調べる(文献の参照はありだよね……?)で、男を登場させて自分が足りさせると。語り手が男であること明示してないけど、まあいいよね。うん。即興だもん。

 

ノルマを課すという機能があったので週1で通知が来るように設定した。別に上達したい訳じゃないから義務感でやってもしかたないけど、たまにやると面白いと思う。