読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆらのふなびと

競プロ, Python, C++

AKBやパズドラは消えるべき趣味か?~趣味に貴賤なんてない

自分の趣味に自信を持っている人っていると思うんですよ。

というか、「好き」という感情があったらこれは避けられないのかもしれない。

 

「私の感覚が正しい」みたいなね。

 

 

趣味なんて、人に迷惑をかけない範囲だったらそれぞれ好きにやればいいじゃないかと思う。私は私の好きなことを、あなたはあなたの好きなことをする。それが相手に悪影響を及ぼすものでなければ、無暗に干渉はしない。

 

「悪影響を及ぼす」と聞いて、こんな風に言う人もいるかもしれない。

(これはあくまで例文です)

 

私はAKBが嫌いだ。女性の好みは人それぞれだが、 私は彼女たちにちっとも魅力を感じず、アマチュアの真似事にしか思えない。そんなやつらをテレビで毎日のように見せられるのは不愉快だ。よって私にはAKBという趣味を否定することができる。

 

とんでもないと思いますね。でもこれ、意外と自分でもやっちゃうことだったりします。

 

一つ例を挙げましょう。私は学生ですが、大学に行くと必ず誰かしらはパズドラしてるんですよ。休み時間も赤ソニア(表記あってるだろうか)がどうとか今度のガチャがどうとか毎日のように話してる。いや、毎日話してる。

 

私自身はそんなにパズドラに魅力を感じません。一度インストールしてやってたことありますけど、せいぜい暇つぶしって程度。石をくるくる回すだけのゲームシステムは単純だし、ストーリー性もクソもありません。しかもソシャゲって「スタミナ消費」とかいう謎な概念があって、幸福を増加させるための手段であるはずのゲームが、自分の生活を縛る足かせになっている。手段の目的化。お前はゲームなんぞに奴隷にされる人生で満足なのか?

 

そんなものに時間を浪費するくらいなら、もっと他のことをした方がいい。例えば読書とかどう? 本はいいぞ、知的好奇心を満たしながらいろんな知識を身につけられる。楽しみながら自分のためになるって、最高だろう? だからさ、パズドラなんかより本を……

 

 

 

 

 

これ。

 

 

 

 

 

言いたくなっちゃうのはしょうがないとは思う。でも、彼らには彼らなりの楽しさがあってやってるんだろうと思うし、それは私の知りうるところではない。相手の考えを完全に理解することが不可能な以上、自分の考えを押し付けることはただの悪でしかない。「相手のため」と思ってやっているならそれはとんだ思い違いだ。そんな人はどっかの新興宗教に入って宣教師にでもなったらいい。

 

自分の好きなアニメ、マンガ、小説、ファッション、異性や食べ物の好みが否定されるのを想像すればわかる話だ。なんてことを言うんだ、そんなのお前の知ったことじゃないだろ、好きなんだから勝手にやらせてくれ! と。

 

自分以外の人も同じでしょう。自分の趣味は自分の趣味、人の趣味は人の趣味。人に害をなす趣味でない限りはこれが基本ルール、ってことでどうでしょうか。