読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆらのふなびと

競プロ, Python, C++

「ワンナイトラブ」ならぬ「ワンデイフレンド」。

考えたこと

 たとえば病院の待合室とかかな。隣の席の人とふと話が弾むようなことがあるかもしれない。相手がかわいい子供を連れていたりしたらなおさらだろう(ロリコン的な意味ではなく)。きっとその人ともう会うことはないのだけれど、かといってそこで話しても無駄なんてことはない。何かの「役に立つ」とかじゃないけど、そういう場面も「あっていい」。そんな捉え方もいいのかななんて、こないだうどんを食べながらふと思った(言葉遊びをしてたらタイトルのがでてきて、そこが発端だった)。